ビジネスシーンで恥ずかしくない見積書テンプレート3種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
見積書テンプレート

見積書を自分のフォーマットで作成しなくてはいけない場合に、あらかじめビジネステンプレートがあると良いですよね。
見積書とは、お客様から見積もり依頼を受けた時に、価格や納期などの見積もり条件を記載し、提示する文書のことです。
ここでは、最低限ビジネス文書としてここだけは押さえておきたい最もシンプルな見積書のテンプレートをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

もくじ

0. 最低限押さえておくポイント5つ
1. 【シンプル】見積書テンプレートWord
2. 【シンプル】見積書テンプレートExcel
3. 【詳細版】見積書テンプレートWord
4. 【詳細版】見積書テンプレートExcel
5. 【Illustrator】見積書テンプレート

 

0. 最低限押さえておくポイント5つ

見積書を作成する時に最低限押さえておきたいポイントは以下の5つです。

見積書作成で最低限おさえたいポイント5つ

  • 1. 取引年月日
  • 2. 相手先会社名・氏名
  • 3. 書類作成者会社名・氏名
  • 4. 取引内容
  • 5. 取引金額(税込み)

なぜこの5点を押さえておきたいかというと、国税庁の定める保存義務のある請求書の要件がこの5点だからです。

国税庁HP…No.6625 請求書等の記載事項や発行のしかた

見積書は請求書の前段階ではありますが、基本的には同じような様式で作成されます。
見積書は最低限、この5点を押さえておけばビジネスとして問題のない書類と言えるでしょう。

 

1. 【シンプル】見積書テンプレートWord

最もシンプルな見積書のテンプレートのWordデータです。
ごちゃごちゃしたテンプレートは使いづらいという人にはオススメです。

お見積書テンプレート(シンプル)Word ダウンロード

お見積書テンプレートシン

 

2. 【シンプル】見積書テンプレートExcel

最もシンプルな見積書のテンプレートのExcelデータです。
ごちゃごちゃしたテンプレートは使いづらいという人にはオススメです。
個別の金額を入れると、小計、消費税、合計金額が自動計算されます。

お見積書テンプレート(シンプル)Excel ダウンロード

お見積書テンプレートシンプルエクセル

 

3. 【詳細版】見積書テンプレートWord

シンプルな見積書をもう少し詳細にしたWordデータです。
見積番号、納期、納品番号、見積有効期限、備考欄が、詳細欄は単価と数量が足されています。
シンプルなものよりも、トラブルの少ない見積書の仕様です。

お見積書テンプレート(詳細)Word ダウンロード

お見積書テンプレート詳細ワード

 

4. 【詳細版】見積書テンプレートExcel

シンプルな見積書をもう少し詳細にしたものです。
見積番号、納期、納品番号、見積有効期限、備考欄が、詳細欄は単価と数量が足されています。
単価と数量を入力すると、金額、小計、消費税、合計金額が自動計算されます。

お見積書テンプレート(詳細)Excel ダウンロード

お見積書テンプレート詳細エクセル

 

5. 【Illustrator】見積書テンプレート

WordやExcelデータはよくありますが、Illustratorデータの見積書テンプレートがないので、デザイナーの方向けに作成してみました。

ご自分のお好みで加工して使用してください。

お見積書イラストレータver8(zipファイル) ダウンロード

お見積書イラストレータ

最後に

いかがでしたでしょうか。

ビジネスシーンで恥ずかしくない見積書のテンプレートをご紹介しました。

サイトを探すと、見積書テンプレートはたくさん出てきますが、シンプルで使いやすいものという点に気を付けて作成しております。

ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料PDF:マイナンバー完全対応できるパーフェクトマニュアル

今あなたはこんなお悩みをお持ちではないでしょうか?



  • 従業員のマイナンバーをどう扱えば良いのか分からない

  • 従業員からマイナンバーの提出を拒否された

  • 具体的な手続き方法が分からない


マイナンバーは具体的にどう対応をすれば良いのか分からないとお悩みの方も多いことでしょう。 今回は中小企業の社長や経理の方のために、マイナンバーの対応が分かるマニュアルをご用意しました。ぜひ、ご活用ください。



ダウンロードはこちら

すばる塾の購読はfacebookが便利です。

Twitter・SNSでも購読できます。

関連記事

'儲かる3億円企業'を本気でつくりたい経営者様必見!