【2017年確定申告】外国税額控除の完全攻略ポイント5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
外国税額控除

あなたは今、確定申告において外国税額控除をうけることを検討中だと思います。

外国税額控除とは、海外株式などの配当金を受け取り、確定申告した時に受けられる控除のひとつです。

ここでは、確定申告時における外国税額控除のポイントをお話します。

ぜひ参考にしてください。

もくじ

1. 外国税額控除のポイント3つ

2. 外国税額控除は、日本と海外の二重課税を調整するためのもの

3. NISA口座は適用外

4. 外国税額控除の計算方法と記入のしかた

5. 外国税額控除の必要書類

0. 平成29年(平成28年度分)の確定申告におけるマイナンバーの対応について

 

1.外国税額控除のポイント3つ

外国税額控除のポイントは以下になります。

外国税額控除のポイント
  • 外国税額控除は、日本と海外の二重課税を調整するためのもの
  • NISA口座は適用外
  • 外国税額控除の計算方法は、まず所得税から控除し、所得税で控除しきれないときは県民税から控除、さらに控除しきれないときには市民税から控除するという3段階

下記から詳しく説明します。

 

2. 外国税額控除は、日本と海外の二重課税を調整するためのもの

外国税額控除とは、あなたが保有している海外株式などの配当金を受け取った時に、日本と海外とで二重課税されているのを調整するためのものです。

海外で株式などを保有していて、配当金を受け取ると、まず海外で現地課税されます。

さらにその配当金について、日本でも所得税及び特別復興税と住民税が源泉徴収(天引き)して支払われています。

つまり、あなたの口座に振り込まれている配当金は、すでに日本と海外で二重で税金を支払った残りということになります。

この二重課税を調整するために、確定申告で「外国税額控除」を利用して還付を受けるという制度です。

 

3. NISA口座は適用外

NISA口座とは、株式などの売却益や配当金(分配金)の税金がゼロになるという優遇税制です。

NISA口座で購入した海外株式などの配当金は、外国税は課税されますが国内の所得税・住民税は非課税になります。

外国税のみ課税されることから、二重課税に該当しないため、外国税額控除の適用を受けることができません。

 

4. 外国税額控除の計算方法と記入のしかた

外国税額控除は、まず所得税から控除し、所得税で控除しきれないときは、県民税から控除、さらに控除しきれないときには市民税から控除するという3段階になっています。

外国税額控除の限度額は、配当控除や住宅ローン控除などの税額控除をすべて差し引いた残額が限度額です。

 

手順1) 所得税の外国税額控除限度額の算出方法

その年分の所得税額×(その年分の国外所得総額÷その年分の所得総額)

 

手順2) 県民税の外国税額控除限度額の算出方法

所得税の外国税額控除限度額×12%

 

手順3)市民税の外国税額控除限度額の算出方法

所得税の外国税額控除限度額×18%

 

例)国税庁: 外国税額控除を受けられる方へ参照

・所得総額が5,446,000円(確定申告書第一表の所得金額の合計より)

・所得税額が200,800円(確定申告書第一表、税金の計算の差引所得税額より)

・外国株式の配当金220,000円(2000ユーロ、為替レート110円/ユーロで計算)

・外国税額22,000円(税率10%)

 

控除限度額 : 200,800円×(220,000円÷5,446,000円)=8,111円

県民税 : 8,111円×12%=973円

市民税 : 8,111円×18%=1,459円

 

外国税額控除

1. 控除限度額=8,111円

2. 外国税額=22000円

3.1と2のいずれか少ない方=8,111円

 

外国税額控除の計算例

 

5.外国税額控除の必要書類

外国税額控除を受ける場合には、確定申告書に以下の書類を添付する必要があります。

外国税額控除の必要書類
  • 外国税額控除に関する明細書
  • 外国所得税を課されたことを証する書類
  • 外国所得税の名称、金額、納付日、国もしくは地方公共団体の名称、外国税額控除の対象であることがわかる記載のある書類

外国税額控除に関する明細書は、税務署、もしくは国税庁HPよりダウンロードします。

外国税額控除に関する明細書のダウンロード

課税の証明書などは、具体的には証券会社が発行する「年間取引報告書」や「支払通知書」となります。

0. 平成29年(平成28年度分)の確定申告におけるマイナンバーの対応について

平成28年度分の確定申告書からはマイナンバーの記入が必要になります。

マイナンバーは、提出する人の番号や法人番号(ある人のみ)だけでなく、控除対象配偶者や控除対象扶養親族の方などのマイナンバーも必要となります。

マイナンバーが記入された申告書を税務署等へ提出する際には、税務署等で「本人確認」が必要です。
本人確認の仕方は、マイナンバーカードや、通知カードと運転免許証など写真付きの身分証明書などで確認をします。

手続の際には、これらの本人確認書類を提示するか、写しを確定申告書に添付をします。
e-taxの場合は、PDFなどにして添付します。

最後に

いかがでしたでしょうか。

最近では海外株式を所有している人も多いと思いますが、二重で課税されていることを知らない人も多いのではないでしょうか。

上記を参考に、ぜひ外国税額控除の適用を検討してみてください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

個人事業主・フリーランスのための 【確定申告】節税マニュアル

今あなたはこんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 確定申告が迫っているがどう節税すれば良いのかわからない
  • 税理士から具体的な節税の提案が出てこない
  • もっと節税できる方法があるのではないか

上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて、個人事業主・フリーランスのための 【確定申告】節税マニュアルを作成いたしました。

ぜひ、ご活用ください。


ダウンロードはこちら

すばる塾の購読はfacebookが便利です。

Twitter・SNSでも購読できます。

関連記事

'儲かる3億円企業'を本気でつくりたい経営者様必見!